21
09
19

施工例

押入れと壁のリフォーム

  ぴかぴか(新しい)子供部屋のリフォームぴかぴか(新しい)

 

 BEFORE



1A.JPG




 AFTER



  昔懐かしい感じがする砂壁をリフォームしました。


 砂壁の色が、緑ががっていて部屋全体が少し
暗く感じられました。

 壁紙を使うのではなく、無垢材を使いました。
白で塗装し、部屋全体が明るい感じに仕上がりました。



 KIMG0192-H.gif


 収納が少なくて、勉強道具や本を置く場所がなく
困っておられましたので
学習机の横に、可動式の棚を設置しました。

 レールを使ったので、置きたいもののサイズにあわせて
棚の高さを変えられます。



 KIMG0194-H.gif


 あまり使っていなかった押入れ。
収納する布団のサイズにあわせてクローゼットを作りました。

 中段の板は、最下段に入れる収納ケーズのサイズに合わせてあります。



KIMG0190-H.gif



0187-H.gif





Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家


posted by
仮野
Comment
0

20
09
19

施工例

三次市のネイルサロンLALAUA(ララウーア)様の店舗

ぴかぴか(新しい)小屋をリフォームしての店舗改修工事ぴかぴか(新しい)

 三次市のネイルサロンLALAUA(ララウーア)様


 BEFORE


b1.gif


 AFTER



a8.gif


a1.gif



a6.gif



a5.gif


 お施主様である、ゆかさんの、たくさんの想いが込められたサロンです。
とても、明るく、笑顔が素敵なゆかさん。一緒にいると、こちらまで
明るい気持ちになる、そんな女性です。

 そんなゆかさんの雰囲気にぴったりの、明るくあたたかな店舗になりましたぴかぴか(新しい)





Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家


 
posted by
仮野
Comment
0

19
09
19

大工社長・仮野の日記

三次市リフォーム補助

 こんにちは、仮野です。

 いったい、いつぶりなんでしょうか。ブログの更新バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

 いま、三次市のリフォーム補助を利用したリフォームを
多数、かかえさせていただいていて、

 あっちにこっちに、てんやわんやの状況ですダッシュ(走り出すさま)

 うれしい悲鳴、なんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

 キッチンやお風呂、トイレなどの水回りは
リフォームすることで、生活がぐっと快適になることが多いです。

 手入れもきちんとされていて、そういった設備を大切に使われてきたご家庭では
まだまだつかえそうなキッチンやお風呂である場合が多いのですが

 それでも、はやり、性能では新しいもののほうが便利であることは確かで。

 我が家のキッチンも、親が建てたときに、最新のものを設置したおかげか
まだまだ使えるんですけど、いかんせん、性能は古い。

 引き出しタイプが主流の今のキッチンと比べたら、
 開き戸タイプの我が家のキッチンは収納量も少ないですし、

 母に合わせた高さのキッチンなんで、我が家の奥さんにはすごく使いにくいんですよね。
低すぎて、、、。

 我が家もリフォームしたら、きっと、我が家のくさんの笑顔も
増えるんだろうなあ、、、

 と、思いつつ、後回しになってしまっていますあせあせ(飛び散る汗)



Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家



 

 
 
posted by
仮野
Comment
0

14
09
19

仮野のヨメ 子育て奮闘記!!

三食外食の文化

おはようございます。仮野のヨメでするんるん

まだまだ、暑い日が続きますが、
暦の上ではもう秋。秋の夜長と言えば、、、

私、趣味が読書でして。コーヒーとお菓子と本。そして、居心地のよい空間。
これさえあれば、どこにもでかけなくても、ず〜〜〜っとご機嫌で過ごせますよ。


一週間ぐらいだらだらしてみたいるんるんるんるんるんるん


 それでですね、先日読んだ小説に、とっても印象的な文章があって。

 要約すると、

 「日本は、母親の手料理を食べさせることがいちばんいいことだ。
 という固定概念が強すぎないか。買ってきたお総菜、外食なんて、手抜きという考え方。
 
 そのうえ、共働きの家庭が追いにもかかわらず、
 いまだに、父親は家事育児に主体的に参加しないのが大半。

 だから、共働きで、仕事から帰ってきた母親はそれこそ座る暇もなく、夕食作りに取り掛かり、
 子供とコミュニケーションを楽しむ暇もなく、片付けなどに追われる。

 夫婦共働きがスタンダードで、三食が外食という文化の国があるが、
 そこには、外食が手抜きだという概念はない。
 
 家族そろって、安価に楽しく食べられる家庭料理の店がたくさんあって
 朝から、家族そろって、楽しく食事をしている風景が日常的。

 日本だって、いま、共働きの家が多いのだから、それでいいんじゃないのか。
 誰が作った料理、よりも、誰と一緒にどんな雰囲気で食事をするのか、
 のほうが大切なんじゃないのか。」

 みたいな、一場面があって。
 
 これについての、是非は、おいとくんですけどね。

 いろんな意見もあると思うし、
 その国の事情もよくわからないので、日本の外食のイメージで
 考えてしまうと、野菜不足とか健康面でも気になるところもありますし。

 でも、、、ワタシは一理あるよなあ、って思いました。

 個人的には、母親の手料理っていうか、誰かが愛情込めて自分のためにつくってくれた
お料理を食べて育つのが、一番いいとは思うんです。

 小さい時の食習慣とか、やっぱり大切だと思うし。

 自分が母親になって初めて、「食べたもので体ができている」っていうこと
実感しています。

 なので、子供の口に入るものは、なるべく家で作ったものにするように
気を付けています。もちろん、時には外食もするし、ジャンクフードも食べたり
しますけども。


 ただ、いま、自分も含めた、子育て世代のお友達を見ていても
やっぱり、母親が忙しすぎる家庭が多いように感じます。

 なかには、旦那さんが、同じように家事育児に協力的な
家庭もあるでしょうけど、でも、きっと残念ながら、少数派。。。

 日本で、三食外食が当たり前、っていう世の中には
ならないと思う。そうなるには、栄養面や金銭面など
たくさんクリアしないといけない問題点もありそうですし。

 私が一理あるなあ、と思ったのは、

 誰と一緒に、どんな雰囲気で食事をすることが大切

 っていう文節。


 どんなに忙しくても、、、
疲れた顔して、片付けへんから早く食べて〜って、せかせかしてちゃあ

 せっかくの手料理も、だいなし、ですよね。

 いつか巣立って行く子供たちとの食事の時間をもっと
大切にしないとな、と、思いました。



 


 


Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家





posted by
仮野
Comment
0

10
09
19

仮野のヨメ 子育て奮闘記!!

あっという間の夏休み

 みなさま、すっかり、、、、
すっかりご無沙汰しておりますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)仮野のヨメですぴかぴか(新しい)

 タイトル通り、、、たらーっ(汗)
あっと!!!いう間に夏休みが終わり、もうすでに
9月10日。

9月が1/3も過ぎてしまったダッシュ(走り出すさま)ふらふら

 いつも、いつも同じセリフで恐縮ですが
それでも、言いたい!!

 「時間が過ぎるのが早すぎるよぉぉぉぉぉぉぉ」

 四人も子供がいるから当たり前なんですけど、
兎にも角にも←はじめて、漢字でこうやって書くと知ったときは結構衝撃的でした(笑)

 やることが多すぎて、あっという間に時間が過ぎて行って
しまいます。

 お盆が過ぎて、いっとき、涼しいなああって
感じる日がありましたけど、いま、また真夏のような暑さの日があって
からだがしんどい〜。

 みなさんも、夏の疲れが出ないように気を付けてくださいね。

 先日、実家の友人が送ってくれた、広告の記事。

ああ、これを
自分のダンナさんやこどもが言ってくれたら、きっと大号泣やろうなあ、

って思ったものを、ここにご紹介して、

ワタシと同様に、きっと忙しかった、夏休みのお母さんたちに、この言葉を
贈ります!

「夏休みも忙しかった!!わたしたち、よく頑張った!!
 夏休み、お疲れさま!!」




Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家




 


 
posted by
仮野
Comment
0