10
06
22

仮野のヨメ 子育て奮闘記!!

寒い梅雨「梅雨寒」とブラック校則

おはようございます。仮野のヨメですわーい(嬉しい顔)

6月に入っても、いつまでも朝晩が寒い日が多いですね。
いつまでも毛布が手放せません。

先日ニュースで天気予報を見ていて「つゆさむ」という聞きなれない単語を耳にしました。

感じで書くと「梅雨寒」と書くそうです。

6月初旬頃の、梅雨の時期に起きる季節外れの寒さのことを言うんだそうです。

でも、この梅雨寒、東日本で多くみられる現象なんですって。

じゃあ、三次のこの朝晩の寒さはなんていうんでしょうかね。

さて、そんな朝晩が寒い毎日ですが日中はそれなりに暑いんですよね〜あせあせ(飛び散る汗)

大人はいいですけど、制服の子供たちは衣服の調節に一苦労ふらふら

なぜなら、「夏服、冬服の衣替え」なる校則がいまだに存在するからふらふら

例えば、5月20日から6月10日までは移行期間で、夏服、冬服のどちらでもよい。
それまでは絶対冬服、それ以降は絶対に夏服で!

っていう衣替えに関する校則。

いまでこそ、この移行期間も長めに設定してあったりしますが
わが家の長男が小学生になったころなんて、もっと短かったです。

私自身が中学生の頃なんて、移行期間自体なかったようなもうやだ〜(悲しい顔)

セーラー服だったので、調節も何もできず、5月でたまに暑い日、雨でムシムシした日なんて
地獄だったのを今でも覚えていますよ。

気軽に家で洗われもせず、あの時代、ファブリーズなんて便利なものもない。

くさいっちゅう〜〜〜〜ねん

さて、ワタシの昔の恨み節はさておき

三次市の県立高校では、制服の衣替えについて撤廃してくれる学校が

でてきています。素晴らしいいいいexclamation×2バンザイぴかぴか(新しい)

制服の着こなしは守ったまま、でも、いつ夏服でも冬服でもいいですよ。

文章で書くと、なんてカンタンなことなんでしょうね。でも、生徒にとっては

本当にうれしいことだと思いますよ。

長男が通っていたのは、三次市内でも校則が変に厳しい高校でしたが

その当時、カッターシャツの長袖を着てきたら、腕まくりだめ。

は????

朝寒くて、日中暑くなってしまったら、腕まくりぐらいさせたってや、、、

腕まくり禁止の意味が全く想像もできひんし!

先生たちは、気候に合わせて自由な格好で職場にきてるのになあ。

職場やのに、ジャージで登校する先生とかいてるよなあ。とか、いろいろ

子どもたちは冷めた目で先生を見るようになっちゃいますよねえ。

子どもを、理不尽な扱いに慣れさせる訓練ですか?って聞きたくなる

校則っていまだにいろんな学校に存在しますよね。

そんな意味不明な校則を生徒に押し付けていた学校ですら、衣替えの時期の設定は撤廃。

「昨今の気候変動で、天候が不安定であることが多くなってきたことにあわせて、日々の気候に

見合った服装で」みたいな説明だったと思います。

やっと???お天気がおかしいこと、今、気が付いたん????

と、思う気持ちも少しはありました(笑)

でも、それよりも親として、素直にうれしかったですね。安心しました。

三次市内の小中学校はいまだに、衣替えの校則があるので

はやく、考えてほしいなあと思う今日この頃です。


Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家






posted by
仮野
Comment
0