27
06
23

仮野のヨメ 子育て奮闘記!!

学校への保護者としての愛着

おはようございます。仮野のヨメですわーい(嬉しい顔)

今朝は、目覚めたらめちゃくちゃ晴れていて晴れ

青空が出ていて「お!!洗濯日和!!」と

気合いを入れてお洗濯していたら、、、8時過ぎからど〜〜〜んより曇り

いつ雨雨が降ってもおかしくないのに、

「早く干してくれやな、くさくなるで〜」状態でスタンバっておる

大量のお洗濯ものたち。。。

晴れたり、曇ったりを繰り返しつつも、風が強くて順調に

乾いていく洗濯物を眺めつつのブログ更新作業中わーい(嬉しい顔)

さてさて、我が家の末っ子次男君。

小さい頃から、天真爛漫、元気いっぱい。

「ママ大好き」と、自分の気持ちを素直に表現してくれる。

有り余る体力が、湯気のように体から立ち上ってくる勢いの子供です。

ですが、その反面、授業中静かにできなかったり、思ったことを

良いことばかりではなく、悪いことも口に出してしまったり、

お友達とトラブルになってしまったりと、

上の三人の子たちには、なかったような「困りごと」も多いのも事実なんです。

そんな末っ子次男君を、保育所の先生も、そして小学校の先生も

受け止めてくださっています。もちろん、悪いときにはしかり、

良いときにはしっかり認めてくださっていると、日々感謝ですぴかぴか(新しい)

先日、所用で学校を訪れたんですけど、

学校は子供たちの賑やかな声と活気にあふれていました。

そのときに、ふっと思ったんですよね。

私、自分で思っているよりも深く、この学校に愛着持ってるな〜って。

四人も子供がいますので、保護者として、学校と関わりをもつようになって

もう十数年がたちました。

それだけ長いと、愛着もわいて当然なのかもしれないですけど


「子供たちを受け止めて育ててもらった場所」っていう思いが強いです。

そして、保護者としての自分自身も、学校との関わりを通じて

支えていただいてるんですよね〜。

保護者として子供の成長に悩んだり、立ち止まったりしたときも

「お互いに話し合っていっしょにやっていきましょう」

そう言ってもらって、何度助けてもらったか。

長男が入学した頃と比べると、先生方の「働き方改革」がすすんでいるように

見えます。

でも、、、果たして、長男が入学した頃と比べて、

先生方の業務量が本当に減っていての成果なのかな、とも思います。

タブレットが導入されたりと、やることが前よりも増えているのに

「労働時間を形式上減らすこと」だけに注力されてないのか気になりますよね。

もっともっと、国が、教育現場に先生を増やしてから「働き方改革」って

言うべきなんじゃないですかね。


Illust50.jpg

家三次で家を建てるなら
   新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家



posted by
仮野
Comment
0

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: [必須入力]