01
05
14

家づくりについて

家づくりのかたち

おはようございます。仮野です。

先日に引き続き、H様邸の家づくりにおいて、あらためて強く感じたことを、、、。

新築住宅における、家づくりですが、いろんなタイプがあると思うのですが、
大別すると、

「規格住宅」と「完全注文住宅」の二つがあげられると思います。

 どちらにも、当然、メリットとデメリットがあります。


「規格住宅」は、
 「設備」や「建具」、「外壁」など、はあらかじめ施工会社が決めた
 規格の中から選んでいきます。

 自由度が少ないと思えば、デメリットかもしれませんが、
 その施工会社の仕様が好みであれば、

 選ぶ幅が決まっているので、わかりやすいというメリットがあると
 思います。

 建物の仕様が決まっていますから、

 構造上、窓の位置など自由に変えられなかったり、
 規格外のものは使えない、またはつかえても、高くなってしまう、などの
 デメリットがあります。


「完全注文住宅」では、
 お客様のこだわりにこたえられる、という半面、

 自由度が高すぎて、選ぶのに迷うかもしれませんね。

 
 こうして考えてみると、お客様が、何を大切に家づくりを考えるかによって、
 何をメリット、デメリットとするかは変わってきます。


 どちらの形で家づくりをするにしても、
 お客様に大切にしていただきたいな、と思うことがあります。



 予算や、敷地など、限られている範囲の中で家づくりを
 行うのですが、

 その中で、なるべく、「あきらめた感」を少なくしてほしい、ということ。

 
 例えば、「漆喰の壁がい!!」と思っていても、
 予算によっては、無理な場合も出てきますよね。

 そんなときでも、漆喰のような感じのクロスをつかったり、
 一部だけは、漆喰にして、ほかは、手ごろな価格のクロスを
 使ったり。

 「あきらめる」ではなく、「家づくりへの夢や思い」にこだわって、
 それを、どうしたら叶えられるか、を

 施工会社と一緒に、考え抜いてほしい。

 予算上、100%希望を叶えるのは無理でも、
 考え抜いて、納得のいく形で、工夫してほしい。

 予算がなくて無理だから、しかたなく、こっちにした、っていう「妥協」ではなく、

「こんな形もありなんだねひらめきわーい(嬉しい顔)」って思えるように、、、。




 


家三次で家を建てるなら
    新築注文住宅、リフォームは三次市の仮野工務店家



posted by
仮野
Comment
0

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: [必須入力]